子供の天敵アトピー|対策をしっかりしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期障害の緩和のために

錠剤

効果を発揮しやすくする

更年期障害は、40〜50代の閉経の時期に起きてくる症状です。女性ホルモンが急激に減少してしまうため、体や心の状態が不安定になってしまいます。その症状を緩和するためには、大豆イソフラボンの摂取が効果があると言われています。大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをすることから、積極的な摂取で女性ホルモンのバランスが整ってきます。この優秀な働きをする成分をエクオールと言います。しかし、日本人の2人に1人がこのエクオールを代謝するための腸内細菌を保持していないことが分かりました。つまり、エクオールが作られないために、大豆イソフラボンをいくら摂取しても効果が得られないというわけです。そういった理由から、エクオールを直接摂取できるサプリメントが登場しました。このサプリメントなら、エクオールが作れない体質の人でも、その効果を得ることができます。更年期障害の改善のためにサプリメントの摂取を検討している場合は、エクオールの必要性も考えなければいけません。このような働きをしてくれるため、大豆イソフラボンの摂取において注目されたサプリメントとなっています。

正しい摂取の仕方

エクオールを摂取していくには、摂取の量を正しく守る必要があります。サプリメントには1日に摂取する量が記載されてありますが、それ以上に摂取してしまうと副作用の心配が出てきます。女性ホルモンはバランスの整った状態が、心身ともに安定でいられます。しかし、それが少なすぎたり多すぎたりしてしまうとバランスが崩れるので、不快な症状があらわれてくるのです。そのために正しい量を守って、摂取していくようにしましょう。また、あくまでサプリメントによる摂取なため、早くに効果があらわれるわけではありません。サプリメントは毎日取り続けることで、徐々に効果があらわれる特徴があります。そのことを認識したうえで、最低でも3ヶ月は様子を見るようにしましょう。その間に効果がないからといって、途中で諦めたり多めに摂取してしまうのは避けた方がいいです。